ECO エコ net

eco エコ計画

住宅とeco

eco エコを考えた住宅は、ソーラー発電を採用したりオール電化にする以外にもあります。省エネを考えた住宅として、高気密で高断熱の壁素材をしようしたり、環境汚染物質のホルムアルデヒドを使用しない塗料で作られた住宅も、eco エコに配慮した住宅と言う事が出来ます。

eco エコな住宅は、環境に配慮しているだけでなく、住んでいる人の健康にも配慮し、楽しく住める住宅で無くてはなりません。家の壁の塗料に、見てくれやデザインだけの健康によくない素材を使用することは、eco エコ住宅とは言えません。無害無毒の自然素材は、シックハウスと呼ばれる室内汚染などがおこる心配もありません。

また、冬に寒く感じるのは窓に解らないような隙間があいていたり、結露を起こしているからとされています。遮熱や断熱性能のある窓ガラスであれば、冬でも室内に隙間風などがなく、暖房を使用しなくても温かい室内を維持出来ます。

断熱が行えていないと、夏は外気の熱い気温が室内に入ってきてしまうので、クーラーの使用量も増える事になります。しっかりと断熱された住宅であれば、少し部屋を涼しくすれば暫くは、その状態を保つことができます。

他にも、照明にLED電球を使用するなどすれば、省エネなだけでなく寿命も長いのでeco エコにつながります。LED電球は、住宅のCO2削減に大きく貢献するとされており、電気代が節約されるだけでなく、環境にも配慮したeco エコ商品と言えます。このように、お金をかけてオール電化などにしなくても、出来ることからeco エコをする事が大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |