ECO エコ net

eco エコマーケティング

燃料電池システム(エネファーム)

エネファームは、家庭用の燃料電池のことです。燃料電池は、電池とついていますが、電池よりも発電機に近く、乾電池などとは異なります。乾電池は、中に電気を溜めておいて使用しますが、燃料電池は化学反応を利用して発電させて、電気を使用します。

燃料電池の発電は、水の電気分解の逆反応を行う事で、電気を発生させてエネルギーを作っています。コンパクトでエネルギー効率の高い燃料電池は、燃料電池を使用した車や携帯機器の電源などを始め、家庭や工場など様々な場所で、使われるようになってきました。

燃料電池は、従来の発電システムよりも燃料費を安く抑えられ、燃料電池自動車は従来のガソリン車の2倍もエネルギー効率がいいとされています。ただ、エネファームを家庭に導入すると、燃料としてガスを使用するので、電気代は安くなってもガス代は上がってしまいます。

ただ、電気とガス代を合わせてみれば、それ以上に電気代が節約できるとされています。燃料電池は、エネルギー効率が高いので、地球温暖化の原因であるCO2の排出量削減が期待されます。家庭用燃料電池であるエネファームの場合、燃料として天然ガスなどを使用しても、従来の火力発電に比べて半分のCO2しか排出されていません。

このように、発電に際して効率的で、CO2の排出量も抑えられるとして、燃料電池やエネファームが注目されています。エネファームを始め、太陽光発電等のeco エコが全ての家庭で導入できたら、地球の環境問題も大分軽減されるでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |