ECO エコ net

eco エコの基礎知識

地球温暖化

環境問題でも特に取りあがられているのが、温暖化問題です。地球では18世紀以降は産業革命などによって急速な工業の成長が起こり、石油などの資源が大量に使われるようになりました。

この為、二酸化炭素などの温室効果ガスと言われるものが、大気中に大量に発生する事になり、地球の平均気温が上昇するといった問題を地球温暖化と言っています。地球の平均気温は、100年前に比べて0.4~0.8℃は温度が高くなっています。

地球の温度が上昇すると、季節の変化や地球の降水状況に大きく影響をあたえ、生物の生体系にも大きく変化を与える事が予測されます。とくに、自然生態系への影響は測り知れなく、自然界で生活している動植物は、それぞれの気候に適した地域に長い時間をかけて適用し、それに合わせて進化してきました。

地球温暖化によって気候変動が急激に起こると、環境の変化に対応できず、植物が枯れてしまったり、動物の場合絶滅する危険もあります。動植物に変化が起きると言う事は、人間の口にする食物にも変化が起きてきます。日本においても、気候の変化によって作物の不作が起きていますが、地球温暖化が深刻化すれば、地球規模での食糧危機が起きる危険もあります。

地球温暖化は温度の上昇によって南極や北極の氷が解け、海水面の上昇や海水の温度が上昇するという影響も起こっており、地上の生物だけでなく、水中の生物にも大きな影響を与える事となります。近年、日本の夏では地球温暖化の影響で猛暑が続き、熱射病患者の増加などで、健康被害だけでなく死者まで出ています。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |