ECO エコ net

eco エコの基礎知識

酸性雨

環境問題の一つである酸性雨は、空気中の水蒸気が雲になる時に、空気中に二酸化硫黄や二酸化窒素といった有害物質がたくさんあり、この有害物質が溶け込んで酸性になった雨の事です。通常の生き物は酸性化では、生きてい事が出来ません。

この為、外国では強い酸性の雨によって、森林の木が枯れてしまったり、魚が死んでしまうといった事態が発生しています。また、大理石で出来ている昔の遺跡や建築物も酸性雨によって被害が出ており、金属や鉱物にも被害が出ている深刻な状況です。

酸性雨の原因は二酸化硫黄や二酸化窒素という工場の煙突から出るけむりや自動車の排気ガスと言われており、酸性雨は自然現象なので、全く車に乗らない国があったとしても、風に乗って雲が流れてきたら、その国にも酸性雨が降ってしまいます。

酸性雨の原因となる有害物質は、日本の自動車の排気ガスからも影響を受けています。日本は世界的に見て、そこまで酸性雨の被害は大きくありませんが、いつ日本に強力な酸性雨が降ってもおかしくありません。

酸性雨の対策としては、自動車のあり方を考える必要があります。二酸化硫黄や二酸化窒素の発生する自動車に乗る回数は少なくし、有害物質が発生しないエコカーを利用したり、少しでも排気ガスを少なくする為に、自動車ではなくバスや電車などの、公共の乗り物を使用する事で全体における有機物質の排出を抑えることができます。電車を利用した方が、自動車で移動した時に比べて、CO2の排出量も約1/10になり、電車を利用した方がeco エコになる事がわかります。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |