ECO エコ net

家庭で出来るeco エコ

節電とeco エコ

過程で出来るeco エコ では、節電する事も当てはまります。無駄な電気を消したり、電気をマメに消していくのは,節約になることは分かりますが、CO2の削減にどのようにっかわってくるのでしょう。

節電することは、CO2削減になるeco エコ の一つです。節電がeco エコ になるのは、電気が作られる時にCO2が大量に発生する為です。電気とCO2の排出量にはこのような関係があり、節電とエコは関係ないように見えますが、家庭から排出されるCO2の量は約半分近くが電気からの排出された排出量が多くなる傾向にあります。

また、照明も多くのCO2を排出していますので、誰もいない部屋の電気をけしたり、照明が一つでもいいように、家族が団欒して一つの部屋に集まるといった行動も、eco エコ に繋がります。

また、CO2の排出量がおおい冷蔵庫は、電源を抜いて待機電力を抑えると、冷蔵庫の中身が痛んでしまって、冷蔵庫の意味が無くなってしまいますが、冷蔵庫の中に物を詰め込めないようにしたり、冷蔵庫のドアをあけたままにしない、といったコツコツした積み重ねが充分効果を発揮します。

逆に、テレビ持っておる家では、出かけるときにはテレビのコンセントから抜いて待機電力を無くすことで、10%も電力を節電する事ができます。また、エアコンやクーラーなどの温度を調整する器具は、電力もCO2もたくさん消費している事が知られています。なるべく、窓を開けるなどして温度調節を行い、クーラーを使用する際は、タイマーにして長時間つかい続ける事のないようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |