ECO エコ net

家庭で出来るeco エコ

牛乳パック

家庭出来るeco エコとしては、牛乳パックなどの飲料用紙パックの回収活動です。牛乳パックは針葉樹を原料にしてつくられており、牛乳パックの繊維はとても長く質がいいので、液体を入れる容器として日本では、1970年代には普及していました。

ただ、牛乳パックは液体を入れてもこぼれないように、ラミネートフィルムで加工されていたので、牛乳パックは紙でも古紙回収の対象とりませんでした。現在では、家庭で回収される牛乳パックは40200tにもなり、牛乳パックはリサイクルに使用されています。

牛乳パックのリサイクル商品は、主にトイレットペーパーやティッシュペーパーといった、家庭用の紙製品が多いです。他にも、キッチンペーパーや紙紐といった紙製品に多く再利用されており、牛乳パックを利用した再利用製品は、年々増えているとされています。

牛乳パック1kgに対して、5個のトイレットペーパーができるとされ、牛乳パック6枚でトイレットペーパー1個の計算になります。現在では、牛乳パックをリサイクルした多くのメモ帳や包装紙といった、様々な紙製品があります。また、水にふやかして、ラミネートフィルムを剥がす事が出来れば、自分で紙を細かくちぎって紙に再利用する事も出来ます。

日本が1日に消費する牛乳パックを作るには、6000本近い木を使って作られています。少しでも、地球の温暖化をくいとめる為には、家庭で出来るeco エコを積極的に行っていき、一人一人が意識を持つことが大切です。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |