ECO エコ net

家庭で出来るeco エコ

寒さ対策

冬になるとすぐに暖房器具をつけて、部屋の寒さを改善しようとする人が多くいます。しかし、冬など扉が少し開いているだけでも、隙間風として冷たい空気が入り込み、一気に寒さを感じます。

逆に、隙間風を無くすだけで、部屋の中は一気に温まります。窓から侵入する冷気には、実際に隙間から侵入した外気と、窓の付近で冷えた空気をすきま風として感じる場合とがあります。

冬は窓ガラスが冷たくなっているので、部屋の中の空気が部分的に冷やされ、外から冷たい風が入ったように感じてしまうのです。部屋を寒く感じる時は、すぐに暖房をつけて温めるのではなく、窓付近の空気を冷やさないように、窓に断熱シートやすきまテープを張って、隙間風を予防することから行いましょう。

断熱シートなどはホームセンターに売っており、自分で窓の大きさに合わせてカットし、貼り付ければ、部屋の温度が生活するだけで温められて、暖房も必要になら無くなります。また、厚手のカーテンを取り付けるだけでも、窓の冷気の侵入を防ぎます。

断熱シートは冷気を入れない事に関しては優秀ですが、結露が起こりやすく、日中日差しが入らなくなってしまうので、厚めのカーテンの方が日中は日差しを取り込む事ができ、夜はカーテンを引いて断熱させることが出来ます。カーテンには重石をつけてなびかないようにすると、冷気を部屋に侵入させなくなるので、部屋の保温効果が益々高まります。このような、日常の工夫を行っていくことがeco エコにつながり、節約にもなります。

スポンサードリンク

Copyright (C) ECO エコ net All Rights Reserved | HOME | お問合わせ | プライバシー |